*
waki_24

ワキガの可能性が高い人の特徴

季節に関係なく脇の汗が多い人はワキガになりやすい?

季節に関係なく脇のあせが多い人はワキガになりやすい?

汗は、私達の体温をコントロールするためのもので、例えば、風邪をひいて発熱した場合、汗をかくエクリン汗腺から汗をかき、体温を下げるという役割があります。

そもそも、季節問わず多く汗をかくのは、多汗症の可能性があり、ワキガ体質とは少し違います。

基本的に、体温調節をするために汗をかきますから、寒い季節に自然と汗をかくのは、好ましい状況とはいえません。

汗くさかったり、イヤなにおいがするのは、汗が皮膚やわき毛にいる雑菌と混ざり合うことで生じるので、きちんと汗を拭きとったり、きちんと入浴するなどして清潔に保っていれば、重度のワキガの人でなければ、においはかなり軽減させることが出来ます。

とはいえ、ワキガの発汗の場合は、アポクリン汗腺から出るアポクリン汗ですから、皮脂などの分泌物がそのまま毛や毛の毛根に付着しやすい環境にあるので、完全にワキガのにおいを抑えるというのは、厳しいといえます。

汗が多いとワキガなの?

汗を多くかくとワキガかもと心配しがちですが、多汗症である場合もあるので、一概にはいえません。

多汗症については、汗が出る量にも個人差があるので、これという基準はないものの、日常生活に支障を来たすくらいの量の汗をかく場合は、多汗症である可能性が強いです。

冬に汗をかくことは少ないものの、現在では建物の中に入ってしまったり乗り物に乗ってしまえば、寒い冬でも暖かい環境が多くあるので、その中に上着を着たまま入ると、いやでも汗をかいてしまいます。

環境にもよりますが、屋内で仕事をしていれば汗をよくかく環境にもあるでしょう。

このような環境にいれば、ワキガ体質の人も汗をかきたくないのにかいてしまうので、汗のにおいが気になって仕方がないのではないでしょうか。

-ワキガの可能性が高い人の特徴